AVAやニコ生事をつらつらと・・・。
AVAの出来事、ニコ生の事等主にネット系の事を書き込むつもりです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初心者講座的な物 其の1
この文章を見て必ず強くなれるとは限りません、それは自分はアドバイスしかできないからです。
強くなりたいという向上心があるのであればまず人一倍努力しましょう。
そうすれば必ず道は開かれるはずです─。



初心者の皆さん
もう爆破のルールには慣れましたか?
しかしマップや具体的なポイントについてはまだ理解してないと思います。
この文章は爆破の基礎を短く、覚えやすいようにまとめた物です。
強いプレイヤーになる為に、今のうちにしっかりと理解していき、
今後の役に立つように理解していきましょう。

それでは初心者に送る爆破講座
解説開始!

・爆破のルールについて
おさらい

1ラウンド2分30秒
攻撃・守備の2チームにわかれます。
一度でも死亡するとそのラウンド中は観戦になります
※どちらかのチームの規定ラウンド勝利で試合終了となります。

・設置側
・C4爆弾を設置、爆破
・敵チームの全滅
・防衛側
・C4爆弾の解除
・敵チームの全滅
・制限時間内に設置をさせない

このルールを覚えておけば爆破ミッション中どのような事を、
目標にすればいいのか理解する事ができます。


練習方法~マップ把握~
AVAを始めた初心者が始めてぶつかる壁、それはがマップの把握です。
どんなルールでもそうですがマップを把握してないければ
試合を有利に進める事はまず不可能でしょう
自分がどこにいるのか、見方がどこで交戦中なのか
的確に判断しなければならない事が爆破ではよくある事です。
マップの練習方法で一番役立つのは練習チャンネルの走りこみです。
練習チャンネルでは武器の耐久を減らさずに
実戦と同じマップをプレイできるからです。
練習は1人から16人までプレイ可能です。
マップの練習の他、クラン内のメンバーとの作戦会議
グレネードの研究にも使えます
マップの練習の場合はマップの到る所でTabキーを押して見ましょう。
今自分がどこにいるのか、カリキュラム化されたマップと同時に
自分がいるアイコンが出てきます。

このTabキーを押すのは実戦でも役立ちますので先に癖をつけておく事が第一です。

走りこみで大体のマップに慣れてきたら実戦へ向かってください。
マップに慣れても相手がどこで待ち伏せしているか
どこで激しい戦闘が行われやすいのか把握していないからです。

少し厳しい言い方にはなりますが

初心者の時は敵にやられるのも勉強です
敵にやられる事によってその場所は危険な場所なんだと理解できるからです。
そうする事により、次からは敵が居そうな場所を注意深く勧めるようになります。
敵に勝つだけでは上級者になれるわけではありません。
実戦でやられてしまったあともう一度練習チャンネルで振り返るのもいいでしょう

とにかく最初のうちはあらゆる方法でマップを把握してください

C4の特徴
~爆発、解除の時間~
見方の人数は残り自分だけ、C4を設置しないと時間切れで負けてしまうが
残り時間がなくて作戦失敗で負ける事、よくありませんか?

C4設置、解除のルール
設置は4秒
爆発まで40秒
解除は7.5秒
このように爆弾の設置、解除の時間を知っておくだけで、
どのくらいの時間で設置、解除をすればいいのか把握できます。

また設置側では設置した後隠れて解除が始まった事を見越して設置した場所に戻り
解除を阻止する。
このような上級者がよく使うテクニックにも応用が利きます。
用は7.5秒の時間を相手に与えなければいいのです。
逆に防衛側は相手を全滅させて解除するまでに7.5秒時間を残さなければいけません

敵が少ない場合は時間をたっぷり使ってもいいですが
敵が多い場合は時間を見ながら急いで向かい、殲滅をしましょう。

サウンドプレイについて─
サウンドプレイとは?
足音、銃撃音、声などから相手の居場所、人数など
音を聞く事で戦場を把握するプレイの事をサウンドプレイといいます。
上級者の背後を取って意気揚々と走っていたら振り向かれて倒されてしまったなんて事よくありませんか?
それは皆が出す足音のせいなんです。
足音を消す方法はキーボードのShiftキーを押す事によって足音を消す事が可能です
Shiftを押しながら移動する事によって歩きになり足音を消す事ができます。
事で敵と遭遇しやすい場面で使用すると効率よく足音を消す事ができます。
Shiftキーを多様して、慎重な行動を心がけて見ましょう。

サウンドプレイをするにあたって。
ヘッドフォンにサウンドカードを購入するのが勧められていますが、
実際はイヤホンひとつでもプレイは出来ます。
初心者のうちはイヤホンを使ってAVAをプレイするだけでも違うと思います。
最初は足音がちゃんと聞こえる事だけ把握しましょう
慣れてきたらこの音は右から聞こえる、この音は左から聞こえる等
意識して聞いてみましょう。
イヤホンで物足りなくなったら、
ヘッドフォンやサウンドカードを購入して見ましょう。
世界観が変わるはずです─。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。